葉巻レビュー 自分用

アクセスカウンタ

zoom RSS 個人輸入 到着報告 2014-3-1

<<   作成日時 : 2014/03/01 21:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

個人輸入 到着報告 2014-3-1


葉巻と関係あるようなないような話で恐縮だが、筆者は20年ほど暮らした東京を3年前に引き払って今は山梨に住み着いている。先月バレンタインデーにあのとんでもない大雪に見舞われた山梨である。しかも家は昇仙峡とかいう関東指折りの景勝地のごく近くで、つまり山のふもとに住んでいる。なんでもパワースポットで有名らしいので、さぞかしそこにすんでる私の書くこの文章からもパワーが放射されているであろうから皆さんはありがたく浴びるとよい。パワースポットの近くに住んでるから元気いっぱい幸せいっぱいかと問われたならば答えは否で、慣れないはじめての田舎暮らしに閉口する日々。適当なこと抜かすスピリチュアルな先生は私のかわりにここに住んでくれ。喜んであんたの東京の豪邸と交換してやる。
さて葉巻の話。山梨は年間の温度変動が激しく、特に筆者の住んでいるあたりは夏は45度近く、冬はマイナス10度近くという砂漠みたいなところで湿度もかなり変動する。こんなの葉巻の保存には間違いなく良くないと考えていた。温湿度管理ができる秘蔵葉巻用のワインセラーやクーラーボックスに入れている分はともかく、常喫用に室温で管理しているヒュミドール4個は東京にいた頃よりも劣化しているように感じている。気のせいかもしれないが、一度そう思い込んだら嫌なものである。何かいい手はないか、開け閉めの面倒でない何かヒュミ的な・・・この壷みたいなのどうだろう?

今までまったくスルーしていたアイテムなので何もわからない。そこでツイッターにふと「あの壷みたいな葉巻ジャーってどうなんでしょう」とつぶやいてみたところ、フォロワーさんが「密閉されてて長期保存向きですよ」と教えてくれたわけである。なんたる僥倖。もうまちがいなく昇仙峡のナントカパワーが筆者に漲っているわけである。仙人も昇天するわけだよ。そして10日後には筆者の誕生日まで控えており、もういいから早くポチポチしろよと仙人の声が聞こえるに至り、よし買いだ、明日にでも吟味してどれか買ってやろう。と決断したのがバレンタインデー前日。そして朝起きたらあの歴史的大雪。
山梨全域が陸の孤島と化して県外から入ることも出ることもできない監獄になっていたわけですよ。インフラ全滅して葉巻ジャーがどうのという場合ではなくなり、毎日雪かき、徒歩で食料を探す日々。ある日雪に埋もれた筆者ははじめてディスカバリーチャンネルでイケメンのサバイバリストが言っていた「雪崩で雪の中に埋もれたら口の周りにこぶし大の空間を作ってエアポケットを作りましょう」というのを実践しましたよ。

ようやくインフラが回復した頃がちょうど誕生日だったので購入したもの、それが今回の
ROMEO y JULIETA SHORT CHURCHILLS JAR
なわけですよ。紹介が長くなりました。

画像


梅干しでも入ってそうな陶磁器の入れ物で、密閉できるように蓋にゴムパッキンのようなものがついている。底に入れる丸い加湿器も付属していた。RyJのショートチャーチルが25本入っている。これは税関の関係かジャーそのものとは別に後から届いたので最初は「まさかこの入れ物だけでこのお値段だったのか!?」とショックを受けたがちゃんと翌日葉巻も届いた。
COCなので送料無料。税などもろもろ込みで総額 50,000円程度。ひ、必要があって買ったからいいんですよ。これがあれば温湿度の激しい変動の影響が軽減される、とは誰も言ってないしたぶんあんまり関係ないとは思うんですけど!絵とか素敵だからいいでしょう?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

個人輸入 到着報告 2014-3-1 葉巻レビュー 自分用/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる